ヤマハのドラッグスターのバイク買取

人間が自由に移動する楽しみを与えてくれるオートバイ産業の歴史は古いです。

アメリカンタイプのバイクは特に人気があります。

自動車一般と違ってバイクはバイクの魅力があります。

ハーレーは有名ですが大型免許がないと乗れません。

そこで、人気になっているのがドラッグスターです。

今回は【ヤマハのドラッグスターのバイク買取】についてお話します。

1996年に発売されたといいますから歴史があります。

衝撃にも強く動力性能も抜群!クラス発のV-twinエンジンが開発されて、リアタイヤには太目のサイズを装着しました。

とても存在感があるアメリカンモデルで有名です。

国産車の自動車を買うならばドラッグスターが欲しいという人も多いです。

車体が大きいのが特徴で若い男性に人気があります。

人気のカラーは赤やオレンジではなくて、黒や白です。

圧倒的に黒が人気のバイクです。

アメリカンですからカスタムも高い評価をされます。

参考にバイク買取実績をご紹介しておきましょう。

●ドラッグスター400クラシック(VH02J)年式2010年・車体カラー黒・走行距離1,700km・程度は極上・カスタムはノーマル……買取価格は55万円になっています。

●ドラッグスター400(VH02J)・年式2011年・車体カラー青・走行距離4,500km・程度極上・カスタムはノーマル・買取価格は51万円になっています。

●ドラッグスター400(VH01J)・年式2005年・車体カラーク黒・走行距離3,100km・程度:小キズ程度・カスタム・ライトカスタム……買取価格は43.4万円です。